お風呂・シャワーはどうしたらいいの?アトピー対策入浴法。

毎日のお風呂は脱アトピーのためには欠かせない習慣です。お風呂好きな方ならいいのですが、苦手な方はシャワーだけでも毎日行うようにするべきです。

お湯はぬるめのほうがいいでしょう。熱めのお湯では皮膚のかゆみを増してしまう可能性が高いからです。夏場でしたら38~9℃、冬場でしたら40℃前後、といったところでしょうか。ぬるめのお湯にゆっくり浸かれば、アトピーのもうひとつの原因にもなり得るストレスも解消され、一石二鳥ですね。

湯船に入浴剤を入れるのは、アトピー経験者なら「ちょっと怖いかも…」と躊躇しがちではありますが、今ではアトピー肌にむしろおすすめの保湿成分配合入浴剤もたくさん揃っています。それらを試してみるのもいいと思いますよ。また、備長炭や木酢液なども場合によってはアトピーに効果的に働くかも…。アトピーの症状によって違うので一概にはいえませんが、気になる場合は少量ずつ試してみるのがいいでしょう。

石鹸やシャンプー、アトピーにはどんなものを使えばいいの?

お風呂の際に一番気になることといえば、やはり石鹸やシャンプーなどのアイテムではないでしょうか。
「刺激はNG」のアトピーでは、石鹸やシャンプーに気を使うのは当然のことです。石鹸は液体のものより固形石鹸がおすすめです。香料や保存料などを含まない自然派石鹸は種類も多く揃っていますので、お気に入りを見つけて。シャンプーも同様、刺激の少ないものがいいのですが、あまりにも皮膚の状態が悪い場合にはシャンプーの使用は避けて固形石鹸を泡立てて頭皮をやさしく洗うようにしましょう。

また、洗浄の際にはナイロンタオルなどではなく、石鹸の泡もしくはガーゼや綿タオルなどで優しく洗ってあげましょう。刺激は厳禁、ですよ!
また、お肌に石鹸やシャンプーが残らないように、しっかりと洗い流すことが最も大切です。最後のすすぎで気を抜かないようにしましょうね。

わたしも市販の「低刺激」石鹸やシャンプーを使っていましたが、やはり「ジェルニック」に出会ってからは、こちらのシリーズのシャンプーを併用して使うようになりました。敏感肌を研究し尽くした会社だけに、シャンプーも保湿感のあるエッセンスをしっかり含んでいます。アトピーでも安心なだけでなく、頭皮と髪の健康と美しさにも、「ジェルニック」シャンプーはおすすめですよ。

お風呂上がりも油断禁物!

お風呂から上がったら、柔らかい清潔なタオルで水滴を押さえるように優しく水分を取り除きます。タオルは柔軟剤を使用していないもの、また、清潔なものを使うためにもタオルは毎日交換するようにしましょう。
その後は、体へのたっぷり保湿を。お肌が乾燥してしまう前に、早めに保湿しましょう。私は、ジェルニックの「ナチュールゲルホームクリーム」で全身保湿ケアしています。濡れた髪はタオルドライ後、ドライヤーで乾かしましょう。