保湿とアトピーの関係ってなに?

お肌にトラブルがあると、なんだか心まで沈んでしまうような感じ。毎日ハッピーに過ごせない!こんな気持ち、同じ悩みを持つ方だったら分かってもらえると思います。本当に、アトピーの問題を抱えた生活って辛いものですよね。アトピーって、なかなか「完治」というわけにはいかない厄介な疾患だから、ここは「アトピーを抱えながらも、どうすれば日々明るい気持ちでいられるのか?」って考えるのがいいのではないのでしょうか。

アトピーと上手に付き合っていくためには日常生活で気を付けるべきポイントがいくつかあります。詳しくは後ほど紹介したいと思いますが、ここではわたしが「これだ!」と思った最大のポイント“お肌のケア”について説明したいと思います。というのも、わたしが「これがあればアトピーなんか怖くない!」と確信できた最も大きなものこそがお肌のケア、つまり化粧品によるケアだったからです。

アトピーといえばカサカサと乾燥したお肌のイメージが強いものです。敏感肌につながる乾燥肌、ドライスキン。事実、わたし自身がお肌の異変を感じたのもカサカサの乾燥肌になったことからでしたし…。恐ろしいことに、乾燥したお肌は外からの刺激へのバリア機能が低下するというのです。つまり、アトピー肌には乾燥は大敵、ということなのです。
この“乾燥”を防ぐためには“保湿”がとっても大事になってきます。わたしは「化粧水さえつけておけば、保湿はOK」と考えていましたが…。しかし、それは大きな間違いだったのです!

安心して使えるのがイチバン!
アトピー肌にはどんな化粧品がいいの?

大事なのは「アトピー肌は化学物質に過敏に反応してしまう」という事実。つまり、使用する化粧水などは「低刺激」「天然由来成分」のものであることこそが最も大切なことだったのです。

ただでさえ過剰反応してしまう敏感肌になっている肌に、刺激のあるものを重ねてしまえば…、悲惨な状態になってしまうのは当然の結果。使用する化粧品によっては、さらにお肌の状態を悪化させてしまう可能性だってあるのです。

100%ナチュラル成分で生成されているもの、もちろん防腐剤・保存料・着色料・合成香料などは含まれていないスキンケア商品を選ぶことも大切。

これらはアトピーなどのお肌のトラブルの有無によらず、すべてのお肌のタイプの人に言えることなのかもしれません。これだけ“ロハス”や“ナチュラル”志向が叫ばれる世の中です。「体内に取り入れるのはオーガニックなもの・自然なもの」がいいように、どんなタイプのお肌であれ、やはり天然なものが原材料であるほうがいいということは当然のことなのかもしれません。

さて、そう考えたわたしは、いろんな「低刺激・天然成分」の化粧品を試してみました。ここで、実際に使ってみたわたしが厳選した「わたしのおすすめ化粧品」を紹介したいと思います。ぜひみなさんの化粧品選びの参考にしてみてくださいね。