どうしてこうなったの?アトピーの原因

実はアトピー性皮膚炎の原因としては諸説いろいろとあり、はっきりとされないのが実情です。しかしひとつだけ確かなことは“アレルギー”が大きく関わっているということ。
アトピーは、食べ物やダニなどによる“アレルギー物質によるもの”と、肌乾燥やストレスなどによる“アレルギー以外によるもの”とに分かれます。

アレルギー物質としては、食べ物とそれ以外のものがあります。
【アレルギーの原因となるもの(食べ物):卵・牛乳・乳製品・大豆・小麦・米など】
※最近では卵、とくに白身によるアレルギー報告が多いようです。
【アレルギーの原因となるもの(食べ物以外):ダニ・ハウスダスト・カフン・ペット・ホルムアルデヒドなどの化学物質など】
【アレルギー以外の原因:乾燥肌・不潔な衣服・汗・ストレス・不規則な生活など】
以上が主な原因として挙げられますが、もちろんこれら以外にもさまざまな要因が考えられると思います。
「そういえば、○○すると体のかゆみが増す」、「○○を食べると体がかゆくなる」など、思い当たることがある場合には十分に気をつけましょう。

大人のアトピーと子供のアトピー

ところでみなさん、大人と子供ではアトピーの原因が違うってことを知っていましたか?
先に紹介しましたアトピーの原因。そのうち、食べ物によるアトピーは子供に多く、それ以外の環境などによるアトピーは大人に多いというのです。

子供は大人に比べてアトピーが治りやすいといわれています。それは、子供は皮膚のバリア機能が未発達なためにアトピーの症状も悪化しやすいのですが、成長に従ってその機能も発達し食べ物に対する反応が減ることでアトピーの症状も改善されていく傾向にあるというのです。それに比べ、大人の場合は体質が変わることもありますし、すでに発達している皮膚バリア機能をもってしてもアトピーの症状が出ていることから、なかなか改善しにくいものと考えられるのです。