とっても怖い…アトピー治療における副作用

そう、アトピーにおける副作用といえば、わたしも経験した“ステロイドによるもの”があります。
もともとアトピー治療のためにストロイドを使用する目的としては、
“重い症状を抑えるため”と“比較的軽い症状を維持するため”の2つがあります。どちらにしろ、使用する際には“量”と“タイミング”がとっても大切。この2点を無視した使用方法・誤った使い方をすると、みなさんがよくご存じの副作用にみまわれてしまうことになるのです。
この副作用ですが、じつにさまざまなパターンがあります。
【皮膚萎縮(静脈が透けて見えたりする)】【ステロイド紫斑(薄くなってしまったひふ皮膚がちょっとした刺激によっても黒あざのような状態になってしまう)】【ステロイド潮紅(顔全体が赤くなったり赤いポツポツができてしまう)】【毛細血管拡張(毛細血管が肉眼でも見えてしまう)】【にきびができやすくなる】【毛が多く生えるようになる】【感染症の誘発および悪化】【皮膚炎】【副腎皮質機能低下】【目の障害】など。
素人判断は絶対に危険ですので、ステロイドは必ず専門医の指示のもとで使用することと、上記のような副作用にみまわれた場合にも必ず専門医に相談しましょう。
 

ステロイドのリバウンドってなに?

ダイエットにおけるリバウンドは悩める女性にとっては重大問題ですが、ステロイド使用においても“リバウンド”という現象が起こることをご存じですか?
このステロイドのリバウンドは「ステロイド離脱症候群」といわれており、湿疹・かゆみ・皮膚炎症などのアトピー症状の悪化のほか、頭痛・耳鳴り・めまい・吐き気・食欲不振・発熱などの症状が出る場合もあるのです。これらはステロイドを絶ってすぐに現れる場合や、一旦アトピーの症状が治まったかに見えたのに時間が経ってから現れるような場合などあり、人によってさまざまなのです。「ステロイド離脱症候群」は、不適切な時期にステロイド使用を中断したために起こるものです。つまり、副作用というよりも使用方法に誤りによって起きてしまうものなのです。やはり自己判断は非常に危険です。必ず専門医に相談しましょうね。