子供のアトピーの症状

子供といっても、一般的には生後2~3か月でアトピーを発症してしまうこともあるというので、本当にかわいそうなことです。顔面や頭部などに湿疹が現れることがあります。ジュクジュクとしたそれら湿疹は、そのうち体のいたる箇所に湿疹がみられるようになります。また、おむつや便・おしっこによっても炎症を起こす場合があるので注意してあげましょう。

小児期になると、ジュクジュクとした湿疹から乾燥したものになるようです。目や口のまわり、ヒジやヒザなどのカサカサしたような湿疹がでてきます。子供にとってはこれら湿疹のかゆみは我慢できないもの(大人も!!)であり、傷になるようなかき方をしてしまうことがほとんどです。
そのため、炎症がなかなか治らない悪循環を繰り返してしまうこともしばしば、のようです。

大人のアトピーの症状

一般的なアトピーの症状としては、皮膚の炎症・かゆみ・肌の炎症などが挙げられますが、これらの症状は個人差があり、季節によっても違います。
大人のアトピーでは、顔や上半身を中心に発疹ができることが多いようです。わたしのように大人になって突然アトピーの症状が現れる場合もあれば、子供の時にいったん治ったと思われていたアトピーの症状がまた再発する場合もあるようです。なぜそうなるのかはまだ解明されていません。

大人になってからのアトピーは治りにくいといわれています。原因にもよりますが、やはりストレスや食生活の乱れなどのさまざまな要因が重なる場合も多いようで、そのために治りにくくなっているとも考えられます。季節の変わり目や、空気の乾燥にも注意が必要になってきます。
 

アトピーの代表的な症状「かゆみ」

アトピーにも様々な症状がありますが、とくに厄介なのが「かゆみ」ですよね。寝ている間にかきむしってシーツに血が付いていたこともあるのではないでしょうか。

また、かゆみによって眠れないことも困った点です。眠れないほどのアトピーのかゆみ改善方法の一例ご紹介いたします。

食事による改善

アレルゲン食品を避けることがまず大切です。食品がアトピーの原因になるとは言い切れませんが、悪化してしまう可能性があるので、かゆみのひどい日は何を食べたのか思い出してみてください。

アレルギー症状を悪化させやすい食品は「特定原材料」として食品に表示されています。これらの食品を避けることで改善できる可能性があります。特定原材料は以下の通りです。

  • 牛乳
  • 小麦
  • そば
  • 落花生
  • えび
  • かに

入浴による改善

入浴の際に、次のことを気をつけて湯船につかることで、肌に優しい入浴になります。

  • 温度
  • 時間
  • シャンプー

まず温度ですが、季節によって適温が違います。春、秋、冬は40℃くらい。夏は38℃を目安としてください。熱いと感じる温度だと皮脂が取れすぎてかゆみが出てきてしまいます。

入浴時間については、10分が丁度良いと言われています。10分ほどで汚れが浮いてきますので、ボディソープを余計に使う必要がなく、肌に優しい入浴になります。

シャンプーはいわずもがなですが、無添加のものを選んでください石油由来の界面活性剤は刺激が強いので、購入時に成分を選んで購入してください。